スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おめでとうさんどす」京都の花街で仕事始め(産経新聞)

 京都五花街のうち4花街で7日、仕事始めにあたる「始業式」が行われ、東山区の祇園甲部歌舞練場も華やかに彩られた。

 午前11時ごろから約100人の芸舞妓が訪れ、縁起物の稲穂のかんざしに黒紋付きの正装で、「おめでとうさんどす」とあいさつ。

 式では芸舞妓の誓いを唱和。舞妓の絢佳司(あやかづ)さん(21)は「初心に戻り、気張らせてもらいます」と技芸上達を誓った。

【関連記事】
舞妓ら「おめでとうさん」 京都・祇園で「事始め」
京都の祇園で「福玉」作り最盛期
江戸の粋、伝えたい 「赤坂をどり」50回の節目
【大人の時間】東京・渋谷「THE BARBER」 心身癒やす「プライベートルーム」
【京のいろ】「角屋」 揚屋 もてなしの優美な空間

d11gi3dpのブログ
いつでも、元気な助産師です。
ショッピング枠現金化
ショッピング枠現金化
債務整理・自己破産
スポンサーサイト

「辞任、別のにおい感じる」=疑惑隠しとけん制-自民(時事通信)

 自民党の大島理森幹事長は6日夜、藤井裕久財務相の辞任について、記者団に「本当に健康だけの理由かどうか。別のにおいを非常に強く感じる」と語った。同党はかねて、藤井氏が関与したとされる「政治とカネ」の問題を指摘しており、辞任の背景には「疑惑隠し」の意図も見え隠れすると追及していく構えだ。
 小沢一郎民主党幹事長が率いた旧自由党が民主党と合併する際、旧自由党の資金が所属議員の政治資金団体などに寄付されていたことについて、自民党は「政党交付金の国庫への返納逃れ」と批判。通常国会では、自由党幹事長だった藤井氏に説明を求める方針だっただけに、大島氏は「背景は何だったのか、しっかり分析しなければならない」と述べた。
 菅直人副総理が後任に起用されたことについて、大島氏は「内閣の中でたらい回しをして、この場をくぐり抜けようという気もしないではない」と皮肉った。国対幹部の一人は「財政の専門家ではなく、アジテーターの菅氏は守りに弱い」と語った。
 公明党の山口那津男代表は「後任大臣が説明責任を尽くせるか懸念が持たれる。われわれは予算が抱える問題点を厳しく追及していきたい」と強調。一方、共産党の市田忠義書記局長は「健康上の理由ということでやむを得ない。後任は首相が決めることでコメントする立場ではない」との談話を出した。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

エスパーダ通信
まさおか式
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
ネイルサロン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。