スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕分け第2弾後半戦スタート 空港駐車場「委託廃止も」(産経新聞)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は20日、東京・五反田の東京卸売りセンターで、事業仕分け第2弾の後半戦をスタートさせた。対象は公益法人など70法人の82事業。巨額黒字を計上し、「天下りの受け皿」と指摘された「空港環境整備協会」(国土交通省所管)が全国18空港で行う駐車場経営について「委託廃止も含め抜本的に見直す」と判定した。

 ◆「省エネ大賞」廃止

 同協会は駐車場収益を原資に公園整備やテレビ受信障害対策などを実施しているが、仕分けでは、これらの事業も「廃止」と判断され、協会の保有資産171億円は「精査して国庫返納」となった。

 国が運輸政策研究機構に委託する航空需要予測についても業者選定に競争的な手法を取り入れ、「予算を縮減する」と結論付けた。

 国が委託する原子力広報では、日本立地センターの女性誌広告と日本原子力文化振興財団の核燃料サイクル施設見学会の2事業を廃止。民間放送教育協会の生涯コンテンツ普及事業も「国費を投入する必要はない」として廃止を求めた。

 省エネルギーセンター(経済産業省所管)の「省エネ大賞」、新エネルギー財団(同)の「新エネ大賞」は「民間に同種の表彰がある」として廃止。塩事業センター(財務省所管)は正味資産609億円のうち過大分の国庫返納を求められた。運転免許更新時の教本を独占発行する全日本交通安全協会(警察庁所管)は「実施機関を競争的に決定し、事業規模は縮減」と判定された。

「宇宙大豆」再打ち上げも=紛失被害の企業、9月に(時事通信)
国民に分かりやすい広報を=専門職4人募集中―厚労省(時事通信)
「鳩山5月退陣」説 なぜかトーンダウン(J-CASTニュース)
金星探査機21日打ち上げ=H2A延期で―種子島(時事通信)
エレコム、アイソレーション設計採用のUSBキーボード「TK-FCM015」
スポンサーサイト

小学生女児を暴行容疑=45歳無職男を逮捕-福岡県警(時事通信)

 小学生の女児に暴行し写真を撮影したとして、福岡県警少年課などは12日、婦女暴行などの容疑で、同県飯塚市上三緒、無職平川岳史容疑者(45)=別の強制わいせつ罪などで起訴=を逮捕した。同課によると「小学生に興味があった。写真が撮りたかった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は昨年2月、県内のホテルで10歳だった女児を暴行、裸の写真を撮影した疑い。
 同課によると、小学校の校庭に侵入し、遊んでいた女児に「写真を撮ってあげる」などと声を掛け、車でホテルに連れて行ったという。 

女子高生にわいせつ 容疑の塗装工を逮捕(産経新聞)
「議院内閣制変えるべき」 橋下知事(産経新聞)
法政大高元2教諭を書類送検…修学旅行で体罰(読売新聞)
寺越外雄さん、子供たちの出生届提出へ(産経新聞)
「金に困り…」盗んだカードで30万円分給油(産経新聞)

「98歳でも恋はするのよ」初詩集4万部(読売新聞)

 「頑張らずに気楽にいくのがいいね」「夢は平等に見られるのよ」――。

 92歳で詩作を始めた宇都宮市の柴田トヨさん(98)の初めての詩集「くじけないで」。昨秋に出版されて以降、やさしい言葉で語りかけ、読む人に希望を与えてくれるとして人気を呼んでいる。「数百部売れれば大ヒット」と言われる自費出版だが、東京の出版社の目にとまり、既に4刷(計4万部)を数える異例のヒットとなっている。

 18年前に夫を亡くして一人暮らしのトヨさんは、腰を痛め、趣味の日本舞踊も踊れなくなった。希望を失いかけていた母親に「何か生きがいを」と詩作を勧めたのが、一人息子の健一さん(65)だった。

 夜寝る前、布団の中で思いを巡らせる。そばに鉛筆とノートを置いておき、いい言葉が思い浮かんだらノートに書きとめる。粗削りの作品を健一さんに読み聞かせ、2人で推敲(すいこう)を重ねる。

 詩集は昨年10月、自費出版した。夫との思い出、家族や介護、毎日の生活で感じたことなど全42編。詩集の題名にもなった「くじけないで」は、「私 つらいことがあったけれど 生きていてよかった あなたもくじけずに」と、読み手にエールを送る内容だ。

 「秘密」という詩では、「98歳でも恋はするのよ 夢だって見るの 雲にだって乗りたいわ」と書いた。訪問治療に来てくれた医師への秘めた思いを「告白」したものだという。

 今年3月、詩集を新装刊行した「飛鳥新社」によると、高齢者を中心に「一語一語が心にしみわたる」などの感想が寄せられている。

 周囲が自分の詩を楽しみにしていることが創作意欲を支えている。「病院の看護師さんが自分の詩を読んでくれていて、涙が出るほどうれしかった」という。

 6月に白寿を迎えるトヨさん。「本当に詩に助けられてきた。これからも何気ない思いをノートにつづっていきたい」と、意欲的だ。

 「くじけないで」(B6判、109ページ)は、税別952円。

体が臭くて香水盗む(スポーツ報知)
<サッカーW杯>ツアー業者と連絡取れず 相談相次ぐ(毎日新聞)
ラフティング 水しぶきに歓声…激流に春 札幌・豊平川(毎日新聞)
小沢環境相、水俣病患者団体と懇談=鳩山首相も、初の慰霊式出席へ(時事通信)
<雑記帳>命名「もみじ」ゴマフアザラシの赤ちゃん(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。