スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足利事件「教訓生かせ」 識者2人に聞く(産経新聞)

 「足利事件」を通じて、私たちは何を学び取ればいいのだろうか。司法の専門家2人に聞いた。

 ■木谷明・法政大法科大学院教授(刑事法)の話

 足利事件では、1審で被告が長期間事実を認めていたという特殊性はあったが、被告が争い出した後は、冤罪(えんざい)を疑う機会が何度もあった。それだけに、それを見抜けなかった各審級の裁判所の責任は重い。

 ただ、刑事裁判は、双方の論争を通じて真相を発見する仕組みになっている。だから、被告・弁護側が事実を争わない場合にまで、裁判所に常に真相発見を求めるのは酷。その意味で、被告の本音を引き出せなかった1審弁護人の責任も重大だ。

 取り調べが可視化(録音・録画)されていない現状では、取り調べでの自白が公判に及ぼす影響は大きく、公判で被告が否認しても虚偽と判断されがち。だからこそ、裁判所は自白調書などの証拠を批判的な目で慎重に吟味し、被告の言葉を客観的に検証する必要がある。

 本件は、冤罪の恐ろしさを再確認させた。法曹三者と裁判員は、これを教訓として、無実の者を処罰しないよう真剣に努力するべきだ。それこそが、長期間自由を失った菅家さんに報いる道だろう。

 ■村岡啓一・一橋大法科大学院教授(刑事法)の話

 再審制度という枠内で最大限の誤判原因の究明をした。足利事件で明らかになった問題は、無実の人が虚偽の自白をせざるを得ない構造的な危険が取り調べにあるということだ。

 氷見事件、志布志事件などの捜査機関による調査報告書は、責任は虚偽の自白をした本人にあるとの立場であり、自白をさせた捜査側の原因は見ていない。これでは「なぜ無実の人が虚偽の自白をするのか」ということを解明できない。

 これは人間行動の問題だから、さまざまな層から選ばれた委員による独立した第三者委員会で調査することが有効だろう。誤判原因の解明は、裁判所の手を離れて、民主党政権に委ねられたといえる。

 虚偽の自白のメカニズムが明らかにされて初めて、足利事件の教訓に学ぶことができる。

【関連記事】
足利事件の再審 菅家さんに無罪判決
足利再審判決後に市民集会 「無罪判決を祝いたい」
足利再審 検察当局、控訴しない方針
足利事件 誤判原因は解明されたのか
足利再審 異例のテープ再生 生々しい取り調べを再現

コーヒーの「シダモ」商標登録無効を取り消し(読売新聞)
市民に差し止め請求権なし=NHKへの拉致問題放送要請-大阪地裁(時事通信)
【第48期囲碁十段戦】第2局 棋風通りの序盤(産経新聞)
大学院の助産教育などでヒアリング―文科省検討会(医療介護CBニュース)
警部を再び懲戒免職=強制わいせつ事件受け-福岡県警(時事通信)

震災再開発地区で代執行 兵庫県、唯一明け渡し拒否(産経新聞)

 阪神大震災で大きな被害を受けた神戸市長田区で市が進めている市街地再開発事業で、兵庫県は24日、唯一明け渡しを拒否している60代女性の土地(約120平方メートル)に放置されているコンクリートのブロック塀とフェンスを強制撤去する行政代執行を行った。県や神戸市によると、震災の再開発事業の区域内での行政代執行は初めてという。

 女性の土地は、市が震災2カ月後の平成7年3月に都市計画決定したJR新長田駅南地区の一画。女性は約2年前に住宅補償を受け取り転居したが、土地の補償額を不服として交渉が折り合わず、市が昨年、県の土地収用委員会に裁決を申請。明け渡しの裁決が出たため市が所有権を取得し、神戸地方法務局に土地代など約2400万円を供託した。代執行に要した撤去費用はここから差し引くという。

 行政代執行が行われた区域は、約30人の地権者がからむ約3700平方メートルの土地で、ほかの地権者は明け渡しが完了している。

特養の介護職員による吸引や経管栄養、一定条件で可能に(医療介護CBニュース)
ホワイトビーチ案は撤回を=社・国(時事通信)
<10年度予算>今夕に成立…参院委可決(毎日新聞)
代理処罰を期待 警察庁 中国製ギョーザ中毒事件(産経新聞)
<訃報>松原義治さん84歳=近畿大名誉教授(毎日新聞)

<そごう呉店社員>認知症の疑いある女性に7千万円分販売(毎日新聞)

 認知症の疑いがある広島県内の女性(87)に対し、大手百貨店そごう呉店(同県呉市)の外商担当の50代男性社員が過去2年間で食料品や服、インテリア、宝飾品、美術品など計約7000万円の商品を売っていたことが分かった。判断能力の衰えにつけ込み不要なものを買わせた疑いもあり、09年末に女性が認知症と診断されたことを知った同店は、女性の成年後見人予定者と、代金の返還を含め話し合いを続けているという。

 同店によると女性は1人暮らしで、代金支払いの際、男性社員が銀行に同行して入金したこともあったという。男性社員は「不便だろうと善意でやった。ただし一般的には誤解を受けかねなかった」と話しているという。

 同店は「社内ルールとしてお年寄りと単独の商談は控えることになっている。今後は誠心誠意対応させていただく」と話した。【矢追健介】

<センバツ>開会式リハーサル 32校の選手ら、力強く行進(毎日新聞)
31日に党首討論決定(時事通信)
救急搬送 ライブ情報で殺到 女性3人病院へ 東京・原宿(毎日新聞)
交通死1000人超す=昨年と同じ日に-警察庁(時事通信)
衆院外務委員会参考人質疑(森田一元自民党衆院議員意見陳述)(産経新聞)

足利事件 「心晴れ完全無罪」 菅家さんうれし涙(毎日新聞)

 「心も晴れて、完全無罪です」。宇都宮地裁で言い渡された足利事件再審の無罪判決。閉廷後の菅家利和さん(63)は空を見上げ、支援者らの拍手に両腕を上げて応えた。同僚の結婚式に出るはずだった91年12月1日早朝、突然現れた刑事に同行を求められ、連れて行かれた足利署。13時間を超す過酷な取り調べの末、身に覚えのない罪を認めさせられて悔し涙が出た。18年余続いた苦しみの日々。菅家さんはついに冤罪(えんざい)を晴らした。【吉村周平、古賀三男、中村藍】

 ◇裁判官謝罪にうなずき

 「菅家さん、証言台にお進みください」。佐藤正信裁判長にうながされ、菅家さんは2回頭を下げた。再審開始が決まった茨城・布川事件の桜井昌司さん(63)にプレゼントされた赤いネクタイを締め、リラックスした表情。佐藤裁判長は「菅家利和氏に対する本件事件の再審公判における判決を宣告いたします」と告げ、無罪を言い渡した。

 その後、約40分間にわたって判決理由が読み上げられた。「自戒の意味を込めて謝罪させていただきます」。裁判官3人が起立し頭を下げると、菅家さんは大きくうなずき、閉廷後、傍聴席にいた桜井さんと抱き合って涙を流した。

 ◇釈放後も苦しみ増し

 この日、菅家さんは「支える会・栃木」代表の西巻糸子さん(60)の車で自宅を出た。足利市から地裁のある宇都宮市まで1時間40分、夜半まで降った冷たい雨は上がり、薄日がさし始めた。ほころんだ梅に目をやる菅家さん。「春だよね。やっとこの日が来たね」。西巻さんの言葉に深くうなずいた。

 昨年6月に釈放された菅家さんだが、再審公判で無罪が出るまでは「複雑なんです。半分被告、半分自由。本当に不安」と話していた。それでも早期の無罪判決を望まず「『真っ白な無罪判決』じゃなきゃ困る」と一貫して誤判原因の徹底究明を求めた。「私(の足利事件)で終わらせちゃだめなんです。冤罪(えんざい)を繰り返さないための判決をもらい、たすきを次につながないと」

 昨年12月に故郷の足利市に引っ越し、請われるまま全国の冤罪支援集会や講演会に飛び回ってきた。メディアの取材にも積極的に応じている。「1人でいるより、忙しい方がいいんです」。自宅で1人、食事の準備をしている時などに抑えがたい感情が噴き出す。「おとといより昨日、昨日より今日。日に日に苦しみが増していく。刑事に追及される夢をみて、『あーっ』と叫ぶ声で目が覚める」。憎しみと悔しさでうっ屈し「自分を支えてくれる人にも、つらく当たってしまう」ことがあるという。

 子供のころ遊んだ鑁阿寺(ばんなじ)や同僚と散策した行道(ぎょうどう)山。早く帰りたかった故郷には、女児の遺体が見つかった渡良瀬川河川敷もある。田中橋を渡る時、嫌でも目に入る。「死体はどこに置いたんだ」。刑事にどなられ、身に覚えのない犯行を再現させられた忌まわしい記憶がよみがえる。だが、見たくもない河川敷を見てしまうのは「あんな所で四つの子供が殺されて」からだ。

 足利には逮捕後間もなく亡くなった父、服役中に亡くなった母の眠る墓もある。「自分はやっていないから、安心してほしい」。菅家さんは、無罪判決を少しでも早く両親に報告したいと話した。

 【ことば】再審

 有罪確定者に無罪を言い渡すべき明らかな証拠を新たに発見した場合に、再度、裁判をやり直す制度。かつては真犯人が見つかった場合などに限られたが、75年の最高裁決定(白鳥決定)が「明らかな証拠」について「新証拠と他の全証拠を総合的に評価して、事実認定に合理的な疑いを生じさせれば足りる」と判断し、「疑わしい時は被告の利益に」という刑事裁判の鉄則は再審にも適用されることを示した。80年代に免田、財田川、松山、島田の4事件で死刑確定が再審無罪に覆って以降、重大事件で再審が行われることはなかったが、09年に足利、布川両事件で相次いで再審開始が確定した。

 ◇足利事件再審 判決公判までの主な経過

90・5・12 栃木県足利市で女児不明。渡良瀬川河川敷で翌日遺体発見

91・12・2 県警が菅家利和さんを逮捕

93・7・7 宇都宮地裁が無期懲役判決

96・5・9 東京高裁が控訴棄却

00・7・17 最高裁が上告棄却

02・12・25 宇都宮地裁に再審請求

08・2・13 宇都宮地裁が再審請求の棄却決定

 12・24 東京高裁がDNA再鑑定を決定

09・5・8 DNA再鑑定で「不一致」との結果判明

 6・4 菅家さん釈放される

   23 東京高裁が再審決定

 10・21 宇都宮地裁で再審初公判

 11・24 第2回公判。検察、弁護側双方のDNA再鑑定人が証言

 12・24 第3回公判。警察庁科学警察研究所所長が証言

10・1・21~22  第4、5回公判。菅家さんを取り調べた際の録音テープ4本を再生。取り調べを担当した元検事が証言

 2・12 第6回公判。検察側が「真犯人でない菅家さんを起訴し申し訳ない」と謝罪。無罪論告し結審

 3・26 再審公判で無罪判決

【関連ニュース】
足利事件:再審で菅家利和さんに無罪判決 宇都宮地裁
足利事件:「冤罪の構図」解明は? 26日に再審判決
日弁連:「誤判」原因究明へ、第三者機関設置を提言
裁判員裁判:女性刺殺の被告に懲役15年 静岡地裁判決
三崎事件:証拠品付着の血液、DNA鑑定へ…再審請求中

堺市で民家火災 一人死亡(産経新聞)
<大雨災害>避難判断は「個人で」 検討会報告書案(毎日新聞)
生方氏解任、党にダメージ=「議論の場つくる」と強調-民主・細野氏(時事通信)
首相官邸の「KYカップル」? (時事通信)
千葉県警元警部補に有罪=覚せい剤使用「信頼損なう」-東京地裁(時事通信)

# 【集う】第5回渡辺晋賞に作詞家の秋元康さん(産経新聞)

 □2日、東京・芝公園のザ・プリンスパークタワー東京

 ■「夢はAKB48のライバルを作ること」

 フジテレビの番組におニャン子クラブが登場し、世の男性の注目を集めたのが25年前。そしていまは、アイドルグループ・AKB48が席巻している。四半世紀を越え、この2つの人気グループをプロデュースしたのが同じ人物であるのは驚きだ。

 作詞家で希代のヒットメーカーの秋元康さん(53)。このほど、エンターテインメント業界の発展に尽くしたプロデューサーを顕彰する「渡辺晋賞」に選ばれた。AKB48をプロデュースし、世界に通用するコンテンツとして育て、海外進出を果たしたことが評価された。

 授賞式は渡辺さんの誕生日の3月2日に開かれた。選考委員の作家、林真理子さんが「友情に厚く、仲間内の文士劇のようなミュージカルのために、夜寝ずに11曲も書いてくれた。50歳になっても大きな波を作る秋元さんを尊敬しています」と講評。秋元さんがファンクラブイベントの演出を手がけた韓流スター、イ・ビョンホンからも、「大衆の目線で何を求めているかを正しくとらえる人で、すごい」とのビデオレターが届いた。

 秋元さんは感無量の表情で、「ぼくはこういうイベントの構成や台本を書いており、いつも受賞者が『本当にうれしいです』というのを聞いて、もっと気の利いた言葉が言えないのかなと思っていたのですが…。本当にうれしいです」と、気の利いたスピーチで会場を沸かせた。

 会場にはAKB48のメンバー6人も祝福に駆けつけた。高橋みなみ(18)は「先生、賞金の100万円で焼き肉をおごってください」とおねだり。秋元さんが苦笑いしながらも、「夢はAKB48のライバルを作ること。面白いじゃない!?」と牽制(けんせい)すると、6人とも「ええっ」と言葉を失っていた。(村上智博)

日米同盟基軸「揺るぎなく継続」=防大卒業式で訓示-鳩山首相(時事通信)
漫画の性描写規制、継続審査に=条例改正は見送り-都議会(時事通信)
結婚披露宴キャンセル料高過ぎ…NPO提訴(読売新聞)
与謝野勉強会、総裁除く執行部刷新を=谷垣氏に直接申し入れへ(時事通信)
<救急搬送>60代女性39回受け入れ拒否 09年に発生(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。